新着情報

お知らせお宅訪問vol.7  I様邸

『『『『お宅訪問タイトル』の画像』の画像』の画像』の画像

吹き抜けに光が満ちるLDK

全方位が美しい快適モダンの家

『お宅訪問I様邸①』の画像
東西南北どこから見ても美しいスタイルの外観にも、奥様のこだわりが溢れています

『お宅訪問I様邸②』の画像

理想はキューブ型の家でしたが、太陽光パネルを載せるためには傾斜が必要。そこで、正面からは四角に見えるようにと工夫し、このデザインがうまれました。 『お宅訪問I様邸③』の画像

ホワイト、ベージュ、パープルの3色でインテリアコーディネートされたLDK。リビングに置かれた座卓は、気に入ったデザインやサイズのものがなかなか見つからず、ダイニングテーブルの脚を切ったものだそう!

『お宅訪問I様邸④』の画像 光がいっぱいに差し込む大きな吹き抜けは、奥様のこだわり。木造でこんなに大きなスパンが取れるのかと驚いたそうですが、梁や柱の太さや本数を見て納得できたとのこと。

『お宅訪問I様邸⑤』の画像 リビングとダイニングを兼ねた家族が集まる場所にはいつも光が降り注いでいます。カーテンレールが見えないようにと、下がり壁の中に収めたアイデアも参考になります。 『お宅訪問I様邸⑥』の画像

真っ白なアイランドキッチンは、四方のどこにも光や視界を遮る壁がなく、奥様が理想としていたオープンキッチンそのものです。

『お宅訪問I様邸⑦』の画像 玄関からのアプローチも奥行きがあり、のびやかな空間が広がります。


『『『お宅訪問 施主様の声』の画像』の画像』の画像

『お宅訪問I様邸⑧』の画像

I様ご家族

以前から、間取りやデザインなど、理想の住まいのイメージを思い描いていた奥様。それは、大きなスパンの吹き抜けやオープンキッチンなど、開放感たっぷりの空間。実は他社様と本契約まで進んでいたそうですが、いざプランニングに入ると、理想通りの住まいが実現できないことを知らされて愕然としたそうです。「例えば、キッチンの開口のところに壁が必要だと言われたりして。それじゃオープンキッチンにならないでしょ!って言ったんですけど、構造上必要だと言われてしまって」と、木造では理想の住まいが実現できないと諦めかけていたそうです。
そんな時、ふとしたきっかけで国分建設を紹介され、「設計士さんとお話ししたら、できますよって言ってくれたんです。契約していた会社の手付金は戻ってこなくても、後悔するくらいならお金はもういいと思って切り替えました」と奥様。設計士の提案力にもご納得いただき、「いくつもプランを出してくれて、それが全部素敵なんです。センスがいいんですよね」と、嬉しいお言葉をいただきました。

「予算的妥協は致し方ないと思いますが、構造的、設計的妥協も必要なのだと思っていましたが設計次第で夢のマイホームに妥協なんて必要ないのだと教えてもらいました。細部までこだわりたいなら絶対国分建設!!出会えて良かった♪皆さん、本当にありがとう。」

引渡時期/2015.08
家族構成/
    ご夫婦+ワンちゃん+猫ちゃん
延床面積/
    約149㎡ 45.07坪
  (1F 94.40㎡ 2F 54.59㎡)

 

他の施工事例を見る

 

『5』の画像 『1』の画像 『2』の画像

『3』の画像 『4』の画像 『6』の画像

『7』の画像 『8』の画像 『9』の画像

更新日 2020年01月30日

月別に見る